研修・講演

2019年7月27日(土)

いざというときは「かかりつけ医」!
「かかりつけ医」の大切さを知ろう

日頃から健康管理身体のことを相談できる地域のかかりつけ医(診療所·医院など)をお持ちですか?
かかりつけ医と病院の役割を学びましょう。どうぞお気軽にお越しください! ・

●角水正道先生(角水医院 院長)

「最期までお願いします」とかかりつけ医に相談できる街を目指して、地域の皆さんが明るく仲良く健康に暮らしていただけるような、ひとり一人に寄り添えるかかりつけ医を目標に取り組まれています。

●肥後直子先生(京都府立医科大学付属病院 看護師)

糖尿病看護認定看護師という糖尿病患者さんを支える資格を持ちながら、 内科・外科の外来で勤務されています。

講座名

いざというときは「かかりつけ医」!  かかりつけ医」の大切さを知ろう

開催日時

令和元年7月27日(土曜日)14時~16時

参加条件

市民、医療・介護関係者

料金

無料

締切日

特になし

主催

京都市中京区在宅医療・介護連携支援センター

会場

京都府医師会館 3階会議室(310)
京都市中京区西ノ京東栂尾町6(JR二条駅東ロータリー南隣)

備考

※下記申込フォーム、または申込書に必要事項をご記入頂き、ご返信ください。
当日の参加も可能です。

印刷要チラシ(PDFファイル)はこちら