研修・講演

2020年1月16日(木)

令和元年度中京区在宅医療センター第二回研修会
(兼)中京区在宅医療介護連携推進協議会第一回研修会

 晩秋の候、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 中京区在宅医療センター(中京区在宅医療介護連携推進協議会)では、地域包括ケアを目指した中で、医療と介護(病院と在宅)の連携への取り組みを進めています。多職種合 同による連携上の課題・解決策に向けた検討と具体的な作業・活動を行っています。
 つきましては、その一環としまして、多職種合同研修会を下記の通り開催させていただきます。
 今回の研修会では、在宅における感染症の基本的な考え方についてご講演いただき、第二部では、基本的な手技の実践をしていただきます。医療・介護に携わる専門職の皆様の 日々の業務における感染症への疑問・確認をいただける機会にしたいと考えております。
 特に、現場で直接介護に携わる介護福祉士・訪問介護職員等の皆さまに是非ご参加いただきたいと願っております。
 ご多忙のことと存じますが、ご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

[テーマ]
「知れば安心感染予防」―在宅における感染症の取り扱い(実技編)―

●第一部:レクチャー(講演:感染症の基本的な考え方) 13:35~
清水恒広先生(京都市立病院感染症内科部長)

●第二部 実技(グループワーク) 14:15~

1)実技の実際 ①ビデオより確認(防護用具の着脱方法)②実践(グループ別)
  ※汚染拡散防止に留意した手袋・マスク・エプロンの着脱方法の実践
2)グループ別討議(感染症の視点から、病院から在宅に向けての在り方を考える)
  分かったこと、今後どう生かせるか、疑問点(こんな時は?小技を教えて)
3)全体討議・発表(質疑応答)

開催日時

令和2年1月16日(木曜日)13時30分~15時30分

参加条件

医療・介護・福祉関係職種など(他地区の方も可)

料金

無料

締切日

1月13日(月)までにFAX 又はメールでお申し込みください

主催

一般社団法人 中京区在宅医療センター

会場

京都府医師会館 2階(会議室212・213)
京都市中京区西ノ京東栂尾町6(JR 二条駅東ロータリー南隣)

問合せ先・申し込み先

一般社団法人 中京区在宅医療センター
〒604-8375
京都市中京区西ノ京池ノ内町30-2 セレクション・池ノ内102
Tel: 075-823-0221 Fax: 075-841-6644
E-mail: nakagyou.zaitaku0221@outlook.jp

下記申込書に必要事項をご記入頂き、ご返信ください。
印刷用申込書(Wordファイル)はこちら