研修・講演

研修・ワークショップについて

中京区在宅医療センターにおける研修会・ワークショップは、医療・介護、福祉・行政、地域住民の共有による在宅医療(介護)のあり方を追求し、地域包括ケアを見据えた中での医療・介護関係者の連携を図ることを目的として企画・開催しています。

【主な目標】
・医療・介護の専門職・機関連携のあり方、各々の役割の確認と相互共有
・連携のための共有ツール・シムテムづくりの検討
・実践における技術・知識を高める(或いは補完・協働できるチーム形成)
・在宅医療、在宅での暮らしを支えるチーム(在宅チーム、病院と在宅連携チーム)の形成・あり方
・地域住民との在宅医療・介護に係わる意識共有(広報)
・今を生きるための最期のあり方(ACP、EOL:共に考える機会)

●令和元年度からは、中京区内の各団体・機関の開催する研修情報を集約し、発信しています(研修情報参照)。

◆中京区在宅医療センターの今までに開催した研修会(概要)は、
「終了した研修・講演情報」を参照ください。

受付中の研修・講演情報