推進協議会の変遷

中京区在宅医療連携推進実務担当者会議の変遷
(多職種連携への取り組み・活動内容・結果)
第一回 平成28年1月26日(30名)
主な
テーマ

第一回平成28年1月26日(30名)

●地域包括ケア時代の在宅医療連携に向けて、実務担当者会議の目指すところ

資料に沿って

①在宅医療センター地域連携室設置目的

②事業の進め方とメンバーの決定

③当会議のあり方・内容

④ワークショップの目的と進め方

⑤見えてきたこと(現況報告等)

内容
(要約)

目的:医療機関と介護サービス事業者等関係者の連携を図る(在宅医療・介護連携推進事務局機能を持つ地域の地域連携室)
①組織(コア会議の目的・機能)
②当会議のあり方・内容

③ワークショップとの連動・相互機能と進め方【4つのグループに分かれて協議】資源と連携について検討する⇒現状・問題、解決策へ向けて⇒今後の取り組み・活動内容(具体的取り組み事項の決定に向けて)

第二回 平成28年3月15日(20名)
主な
テーマ

ワーキンググループ設置の経緯と考え方
(第二回ワークショップと第一回当会議グループワーク結果より)

内容
(要約)

1)表出された三つの課題(①退院支援②在宅医療資源/MAP③生活支援)
※各ワーキンググループを設置、先ず①②を始動する

2)グループ編成(二つのグループ別に今後の進め方について協議)

3)グループ別検討結果の全体報告